全室を一括で|マンション経営を賢く運営|将来を見据えて物事を考えよう
婦人

マンション経営を賢く運営|将来を見据えて物事を考えよう

全室を一括で

紙幣

空室をなくすため

企業の中には、ファイナンスとしてマンションやアパートなどの集合住宅を購入しているところもあります。購入した集合住宅を賃貸住宅にすることで、毎月賃料という利益を得ることができるようになるからです。利益を得るためには、まずは借主を探すことが必要となります。借主が見つからず、空室の状態が続いていると、維持費がかかることでかえってマイナスとなってしまうからです。これを回避するために不動産会社によっておこなわれていることが、一括借り上げです。不動産会社が、企業が所有している集合住宅の全室を一括で借り上げ、代わりに経営をおこなうのです。一括借り上げによって、企業側にとっては、空室がゼロという状態になります。もちろん不動産会社から、全室の賃料が入ってくることになるので、マイナスになることはないのです。

賃料の減額

一括借り上げをした不動産会社は、独自の宣伝ノウハウでスピーディに借主を探します。そして、一括借り上げにかかった費用を上回る賃料で貸し出すことで、利益を得るのです。つまり一括借り上げは、その集合住宅を所有している企業はもちろん、不動産会社にとってもメリットのあることなのです。ただし老朽化などの理由により、賃料を下げる必要性が生じることがあります。借主が見つかりにくくなった場合、不動産会社は賃料の減額によって、借主を見つけ出そうとするからです。不動産会社が賃料を下げれば、当然企業側に入ってくる利益は少なくなります。しかし老朽化を防ぐことは困難なので、一括借り上げでは、あらかじめ減額について想定しておくことが大事です。